市章

大阪府東大阪市

東大阪市(ひがしおおさかし)は、大阪府の中河内地域に位置する市です。人口は約50万人であり、大阪市および堺市の両政令指定都市に次いで大阪府第3位の人口を擁します。 ラグビーの聖地である東大阪市花園ラグビー場を擁する「ラグビーのまち」として、また技術力の高い中小企業が多数立地するものづくりのまちとして全国に知られています。
プロフェッショナルな外部人材の力を借りながら直面する課題を解決すべく、複業プロジェクトとして「実証実験」を行います。今後の東大阪市のまちづくりを共に推進していただける皆さまのご応募をお待ちしています。

progress bar
7月26日
連携協定・公募開始
8月10日
公募締め切り
9月上旬
内定
9月
業務開始
翌年3月
業務終了

7月26日

実証実験スタート・公募開始

8月10日

公募締め切り

9月上旬

内定

9月

業務開始

翌年3月

業務終了

ラグビーのまち、モノづくりのまち

東大阪市(ひがしおおさかし)は、西部には大阪市、東部には奈良県があり、都心と緑に囲まれた都市です。人口は、大阪市、堺市に次いで3番目の人口規模を誇り、約50万人の市民が暮らす中核市として発展を続けています。 また、「ラグビーのまち」、「モノづくりのまち」としても全国に名を馳せています。
ホームページ http://www.city.higashiosaka.lg.jp/

特徴1 特徴1

1.高い技術力を持つモノづくり企業が集積している国内有数のモノづくりのまちです。

特徴2 特徴2

2.「ラグビーワールドカップ2019日本大会」の開催会場であり、全国高等学校ラグビーフットボール大会が毎年開催されている花園ラグビー場があります。

特徴3 特徴3

3.大阪樟蔭女子大学、大阪商業大学、近畿大学、東大阪大学の4つの大学が位置し、約3万人もの学生が通う大学のまちです。

事例1 事例1

CBcloud株式会社

東大阪市とBcloud株式会社は、令和2年7月22日に、IT技術を活用した買い物支援、商業者支援を中心に、(1)教育、(2)スポーツ・文化・産業、(3)健康・福祉、 (4)都市・環境、(5)防災・治安の5分野において、市民サービス向上と地域の活性化を目的とした包括連携協定を締結しました。

事例2 事例2

株式会社ビューティフルスマイル

東大阪市と株式会社ビューティフルスマイルは、令和3年1月25日に、食品ロスの抑制と食を通じた子どもの居場所づくりへの支援を中心に、(1)子ども・子育て 、(2)教育 、(3)都市・環境の3分野において、緊密な相互連携を図り、双方の資源を利用した事業に協働で取り組むことにより、 市民サービスの向上と地域の活性化を目的とした包括連携協定を締結しました。

事例2 事例2

株式会社官民連携事業研究所

東大阪市と株式会社官民連携事業研究所は、令和2年11月18日に、それぞれが持つ資源や特長を生かしながら連携協力し、 地域のさまざまな課題解決や地域の持続的発展に寄与する公民連携を促進することを目的にパートナーシップ協定を締結しました。

こんな人を求めています

  1. 1. 自身のスキルを活かし、東大阪市で新しい働き方の発信をしたい方
  2. 2. 全国有数のものづくりのまち東大阪市のブランド作りを共にしたい方
  3. 3. 「複業×地方創生」という日本でも新しい取り組みをしてみたい方
  4. 4. 地方創生を自身のキャリアにしたい方

東大阪市は、大阪府の東部中央に位置する人口50万都市で、大阪市中心部の梅田や難波に電車で15分、 関西国際空港、大阪国際空港、神戸や奈良へも1時間以内で行ける関西の中心となるまちです。
国内有数のモノづくりのまち、ラグビーの聖地である花園ラグビー場を擁するラグビーのまち、4つの大学が所在する学生のまち、 交通アクセスのよい便利なまちといった顔を持ち、たくさんの魅力にあふれています。
一方で、様々な特徴をもつ都市であるからこそ他市にはない課題や問題を抱えています。そういった課題の解決を図るため、東大阪市は、大学や企業と連携し、公民連携の取組みを進めています。 この取組みが、Another works様のすすめる複業人材という働き方と合致し、連携協定の締結により、全国で活躍される皆様と出会う場をつくっていただけることになりました。
東大阪市のまちを、未来を一緒に創ってくださる皆さんのエントリーをお待ちしています。

東大阪市長 野田 義和

市長

自治体名:大阪府 東大阪市

住所:〒577-8521 大阪府東大阪市荒本北1丁目1番1号

TEL:06-4309-3000

自治体ホームページ http://www.city.higashiosaka.lg.jp/