あなたの
私たちの
ってくれませんか?

市章 市章

広島県熊野町

自治体複業人材による地方創生プロジェクト

複業クラウド for publicとは

複業クラウド for publicとは、複業人材が自治体職員とともに行政課題解決に取り組み、
地方創生の実現を目指すプロジェクトです。

スキーム スキーム

エントリー

複業クラウドから参加したい案件を見つけてエントリー

スキーム スキーム

選考

書類審査、面談を経てプロジェクトメンバーが決定します

スキーム スキーム

マッチング

面談で内定が決定後、首長とともに内定者発足式を行います

スキーム スキーム

プロジェクト開始

内定者発足式後、プロジェクトがスタート
開始後もAnother works社がサポートさせていただきます

Point

メッセージアイコン

週1回のオンラインMTG

メッセージアイコン

フルリモート稼働

メッセージアイコン

プロボノ(報酬なし)

Schedule

progress bar
10月12日
連携協定・公募開始
10月26日
公募締切
11月下旬
内定
12月1日
業務開始
翌年2月
中間交流会
翌年3月31日
業務終了
翌年4月
最終報告会

10月12日

連携協定・公募開始

10月26日

公募締切

11月下旬

内定

12月1日

業務開始

翌年2月

中間交流会

翌年3月31日

業務終了

翌年4月

最終報告会

インタビュー記事 インタビュー記事

熊野町は、広島県西部の高原盆地にある人口が約2万3千人のまちで、それぞれが瀬戸内海に接する広島市、呉市及び東広島市の各都市のほぼ中央に位置します。
江戸時代に毛筆製造技術が伝播して以来、180年余りの歴史をもつ熊野筆の製造を産業の基幹とする「筆の都」として知られています。 毎年、秋分の日に多くの人出でにぎわう「筆まつり」や筆のミュージアム「筆の里工房」などを通じて、熊野筆や筆文化の魅力を国内外に発信しています。 町政においては、協働で住みよい環境を整備するため、令和2年度に策定した第6次熊野町総合計画の目標の実現に向けて鋭意取り組んでいます。
今回、「実証実験」としてAnother works様と連携協定を締結させていただきました。新しい働き方である「複業人材」の活用という先進的な取り組みを通じて、新たな価値の創造がもたらされることを期待しています。当町の様々な地域課題の解決に力をお貸しいただける皆さまのご応募をお待ちしています。

熊野町長 三村 裕史

市長
エントリーセクション画像 エントリーセクション画像
エントリーはこちら

自治体名:広島県 熊野町

住所:〒731-4292 広島県安芸郡熊野町中溝一丁目1番1号

TEL:(082)820-5600

自治体ホームページ : https://www.town.kumano.hiroshima.jp/www/index.html