応援したいまちで
複業を始めよう
〜自治体とつくる地域の未来〜

市章 市章

栃木県佐野市

自治体複業人材による地方創生プロジェクト

複業クラウド for Publicとは

複業クラウド for Publicとは、複業人材が自治体職員とともに行政課題解決に取り組み、
地方創生の実現を目指すプロジェクトです。

スキーム スキーム

エントリー

複業クラウドから参加したい案件を見つけてエントリー

スキーム スキーム

選考

書類審査、面談を経てプロジェクトメンバーが決定します

スキーム スキーム

マッチング

面談で内定が決定後、首長とともに内定者発足式を行います

スキーム スキーム

プロジェクト開始

内定者発足式後、プロジェクトがスタート
開始後もAnother works社がサポートさせていただきます

Point

メッセージアイコン

週1回のオンラインMTG

メッセージアイコン

フルリモート稼働

メッセージアイコン

プロボノ(報酬なし)

Schedule

progress bar
5月19日
連携協定・公募開始
6月2日
公募締切
6月中旬
内定
7月~
業務開始
12月末
業務終了
1月
最終報告会

5月19日

連携協定・公募開始

6月2日

公募締切

6月中旬

内定

7月~

業務開始

12月末

業務終了

1月

最終報告会

インタビュー記事 インタビュー記事

佐野市は、関東平野の北端、栃木県の南西部に位置する東京方面からの玄関口になっており、地形的には、北部から北東部、北西部にかけては、緑豊かな森林や美しい清流など自然環境に恵まれた中山間地域、南部と西部は、住宅や産業基盤が集積する都市的地域と農業が展開する地域となっています。
市内には3つのインターチェンジを持つ立地条件から高速交通の要衝としてさらなる発展が期待され、国の指定史跡である「唐沢山城跡」、日本名水百選に選ばれた「出流原弁天池湧水」、一千年の歴史を持つ「天明鋳物」など自然・歴史・文化的財産が各所にあります。また、佐野厄除け大師、 佐野プレミアム・アウトレット、道の駅どまんなかたぬまといった観光スポットをはじめ、佐野らーめん、いもフライ、耳うどん、大根そば、近年では佐野黒から揚げといった独特の食文化ももっています。
そして、現在取り組んでいる主な事業の一つとして、これまで重視してきた市民の安全安心や健康増進などの「セーフ(安全)」の実現を取組の柱とし、その成果として目指すべき未来の佐野市の姿を、佐野市版スマートシティである「スマートセーフシティ」として位置づけ、市民とともに安全安心な街の実現を図ろうとしています。
このように未来を見据えた取組を行いながら、豊かな地域資源をもつ本市は、人とのつながりを大切にしながら「住んでよし、訪れてよし」のまちとして進化し、多くの人から「選ばれる佐野市」を目指しています。
一方では、他の自治体と同様に人口減少が進む中で様々な課題を抱えています。社会経済が目まぐるしく変化している中、行政もこれまでの固定観念にとらわれずに柔軟性を持って対応していく必要があると考えています。Another works様との協定により、民間の方の専門的な知見をお借りできることは行政課題の解決に限らず、 行政資源である職員の成長の一助になるものと確信しており、この度の協働事業でデジタルを活用した住みやすいまちづくり、効果的な広報による市民との一体感の醸成、地域ブランドの推進といった分野における行政課題の解決、そして地域の活性化につながることを期待しています。

佐野市長 金子 裕

市長
エントリーセクション画像 エントリーセクション画像

自治体名:栃木県 佐野市

住所:〒327-8501 栃木県佐野市高砂町1番地

TEL:0283-24-5111

自治体ホームページ : https://www.city.sano.lg.jp/