町章

岐阜県垂井町

垂井町は、かつて豊臣秀吉の軍師であった竹中半兵衛が活躍し、関ヶ原合戦の舞台になったまちです。中心部を旧中山道が横断し、宿場時代の雰囲気が色濃く残っています。 天下の名水として親しまれている「垂井の泉」は、岐阜県の名水50選にも選ばれている由緒ある泉です。県指定の天然記念物である大ケヤキの根本から湧き出し、垂井の地名発祥の地でもあります。
この度、各分野におけるプロフェッショナルの皆様のお力をお借りし、この垂井町から全国に先駆けた先進的かつ有効な取り組みを開始・発信することで、町はもちろん全国を活性化できるような仕組みや制度を共に構築していただきたいと考えています。

progress bar
8月27日
連携協定・公募開始
9月10日
公募締め切り
10月中旬
内定
11月1日
業務開始
翌年1月
中間交流会
翌年3月末日
業務終了
翌年4月
最終報告会

8月27日

実証実験スタート・公募開始

9月10日

公募締め切り

10月中旬

内定

11月1日

業務開始

翌年1月

中間交流会

翌年3月末日

業務終了

翌年4月

最終報告会

長年の伝統のあるまち

垂井町は、かつて豊臣秀吉の軍師であった竹中半兵衛が活躍し、関ヶ原合戦の舞台になったまちです。中心部を旧中山道が横断し、宿場時代の雰囲気が色濃く残っています。 天下の名水として親しまれている「垂井の泉」は、岐阜県の名水50選にも選ばれている由緒ある泉です。
ホームページ : http://www.town.tarui.lg.jp/

特徴1 特徴1

1.毎年夏に開催される灯り・夕涼みフェスタ

特徴2 特徴2

2.1787年から続く、伊富岐神社に伝わる神楽を奉納する祭り

特徴3 特徴3

3.落差15mの分岐瀑『不破の滝』

こんな人を求めています

  1. 1. 自身のスキルを活かし、垂井町で新しい働き方の発信をしたい方
  2. 2. 長年の伝統のある垂井町のブランド作りを共にしたい方
  3. 3. 「複業×地方創生」という日本でも新しい取り組みをしてみたい方
  4. 4. 地方創生を自身のキャリアにしたい方

垂井町では、三現主義(「現場」に出向いて、「現物」に直接触れ「現実」をとらえること)を行うことによる、町民目線でのまちづくりを推進しています。
また、昨今の少子高齢化や人口減少、産業の担い手不足、新型コロナウイルス感染症感染拡大など、私達を取り巻く環境は、日々変化していることから、 行政サービスを低下させることなく、正確かつ効果的な業務遂行が求められています。
こうした中、DXの推進は、コロナ禍などの教訓を生かし、新しい日常に対応した質の高い行政サービスの提供や業務の効率化をもたらしてくれることが期待されることから、 株式会社Another worksとの業務提携により、『乗り遅れるなDX』~住民にも行政にも“わかりやすい”DXの推進~を目標に課題解決を行っていきます。
ぜひ「複業人材」によるプロフェッショナルの皆様にご協力いただき、共に垂井町の今と未来を創っていただくことを強く願っております。皆様のご応募を心よりお待ちしております。

垂井町長 早野博文

町長

自治体名:岐阜県 垂井町

住所:〒503-2193 岐阜県不破郡垂井町宮代2957-11

TEL:(0584)22-1151

自治体ホームページ : http://www.town.tarui.lg.jp/